ようこそ、筑波大学附属聾学校同窓会へ!

Q&A

TOP / よくある質問 / Q&A

Q&A

同窓会の会員資格を教えて下さい。

 同窓会の会則第5条をご覧下さい。

第5条 本会の会員は次の3種とする。
 (1) 正会員 官立東京聾唖学校、国立ろう教育学校附属聾学校、東京教育大学附属聾学校、筑波大学附属聾学校及び筑波大学附属聴覚特別支援学校の卒業生、並びにこれらの学校に在籍したことがある者で理事会が入会を承認したもの

 (2) 特別会員 官立東京聾唖学校、国立ろう教育学校附属聾学校、東京教育大学附属聾学校、筑波大学附属聾学校及び筑波大学附属聴覚特別支援学校の旧職員又は現職員で、理事会の推薦により総会において承認されたもの

 (3) 名誉会員 本会及び母校に功労のある者で、理事会が推薦し、総会で承認された者

ページトップへ

附属聾学校小学部3年の時に、普通小学校に転校(インテグレーション)しましたが、同窓会に入会することが出来ますか?

 入会することが出来ます。ただし、氏名・卒業年度・卒業学部について、同窓会で完全に把握している方は、高等部(普通科・専攻科)及び歯科技工科の卒業生だけです。高等部入学以前に、普通校にインテグレーションされた方や他聾学校に転校された方については、ご本人にお申し出いただくことになります。

 お手数ですが、在学されていた期間(記入例:幼稚部~小3年3月)と当時の学級担任氏名を付記の上、同窓会事務局にご連絡下さい。
 こちらからでもお問い合わせになれます。

お問い合わせ

ページトップへ

同窓会の会員数を教えて下さい。

 同窓会で管理している名簿で住所を把握している会員は、1,626名です。(平成20年4月26日現在)
 ただし、転居等のため会報が返送されたり、また、卒業年から考えておそらく故人となられた方もかなりおられると思います。その他に、住所不明の会員が555名を数えています。

 なお、学校の記録では、母校の延べ卒業者数は6,217名(学校創設から平成19年度卒業者までの累計)となっています。

 同窓会では卒業生の住所把握に力を注いでいますので、卒業生についてご存じの方は同窓会事務局までご連絡いただけますと幸甚です。ご協力をよろしくお願いいたします。
 こちらからも変更の手続きができます。

住所氏名変更届け

ページトップへ

同窓会の会報について教えて下さい。

 当年度の会費を納入された会員の方には、会報「国府台」(年2回、8月下旬・3月中旬発行、A4サイズ)をお送りしています。内容等は次のとおりです。

  ・8月下旬号は12~16ページ
  ・3月中旬号は20~28ページ
  ・会報には、同窓会行事の開催や参加者募集などの案内チラシを必要に応じて同封

 会報「国府台」には、同窓会の諸行事の報告、講演会、母校在校生の活躍、母校行事などを幅広く掲載していますが、会報が会員同士のつながりを把握するための大切な役割を果たすことから、各地に在住する卒業生の消息やインタビュー記事の掲載などに力を入れています。

ページトップへ

同窓会の入会手続を教えて下さい。

 メールの場合は、同窓会お問い合わせフォームに、あなたのお名前や住所等の必要事項を記載の上、送信ボタンを押して下さい。通信欄には「同窓会に入会申し込み」を記載してください。

お問い合わせ

 ファックスの場合は、適当な用紙に下記の1~5をご記入の上、同窓会事務局宛にファックスをお送り下さい。

  1. タイトル;同窓会入会申し込み
  2. お名前
  3. 住所
  4. FAX番号
  5. 最終卒業学部・卒年

同窓会専用ファックス:043-373-1887

 折り返し、会費納入等についてお返事を差し上げますので、その後、郵便振替用紙等で所定の会費をご納入下さい。会費のご納入が確認されましたら、入会手続が完了いたします。その後に最新とその直前の会報を会則の小冊子と共にお届けいたします。

 現時点では以上の方法をとらせていただいています。お手数ですが、ご了承下さるよう、お願いいたします。

ページトップへ

同窓会の会費について教えて下さい。

 会費の種別と年額は次のとおりです。(会則第6条並びに附則3)
 なお、会費は毎年4月の同窓会定期総会の開催日までに、ご納入をお願いしています。

(会費)
 第6条 正会員は以下の区分に従って、総会で定める額の会費を納入するものとする。
  (1) 単独会費 当該年度に、正会員が納入する会費(1年分)
  (2) 高齢会費 当該年度に、70歳以上の正会員が納入する会費(1年分)
  (3) 夫婦会費 当該年度に、夫婦である正会員が納入する会費(1年間、2名分)
  (4) 10年会費 正会員が、10年分を一括納入する会費
 2 前項の会費の額は、附則において別に定めるものとする。

 附則3 会費の額は次のとおりとする。(平成3年4月1日より適用する。)
  (1) 単独会費 年額3,000円
  (2) 夫婦会費 年額4,500円
  (3) 高齢会費(旧・老人会費、70歳以上) 年額1,500円
  (4) 10年会費(10年分一括納入)10年間の額30,000円

ページトップへ

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional